SVHCの中でも危険とされている物質を知ろう
ロゴ

SVHC分析を利用して建物の安全を守ろう

SVHCとは?

SVHCとは、化学物質規制法のことで、2007年にEUが制定した法案です。人体に影響を与える物質の使用率を減らしていこうという目的で作られたものです。

人体に影響を及ぼす危険な物質ランキング

no.1

PBT物質

PBT物質は、とても残留性の高い物質で、一度付着してしまうと、除染するのに苦労する物質です。また、毒性を持っているのが厄介で、発見されたら優先して除染される物質です。

no.2

CMR物質

CMR物質は、一定以上の発がん性や、生殖毒物物質、変異原性を持っており、人体に大きな影響を与えてしまいます。ですが、除染は比較的容易で発見さえできれば危険性は低いでしょう。

no.3

vPvB物質

vPvB物質は、他の物質に比べて残留性がとても高いと言われています。ですが、人体に与える影響は少ないとされているので危険性は低いですが、正しい除染を行わないと、ずっと残り続けるでしょう。

SVHCの中でも危険とされている物質を知ろう

研究

たくさんある危険物質

一時期建物によく含まれているアスベストという物質が人体に影響を与えることで話題になりました。ですが、人体に影響を与える物質は、アスベストだけではありません。体の安全や健康を守るためにも、危険物質について学んでおきましょう。

初めに確認しよう

賃貸物件を契約する時に、建物にSVHCの対象物質が含まれているかもしれません。なので、賃貸契約する前に、一度SVHC分析を依頼するといいでしょう。特に介護施設など抵抗力の弱い方が利用する施設では気をつけなければいけません。

SVHC分析をしよう

SVHC分析をすることで、建物などに危険物質が含まれていないか、確認することができます。なので、抵抗力の弱い老人などがいる施設では、必ず確認しておきましょう。

広告募集中